2014年11月22日土曜日

ライヴパフォーマンスとしてのヴィデオアート@庭園美術館

PROGRAM_A|LIVE/VIDEO/PERFORMANCE
ライヴパフォーマンスとしてのヴィデオアート

2015年2月7日(土) 14:00–17:30(予定)
会場:東京都庭園美術館 新館 ギャラリー2
ナム・ジュン・パイクのエンジニアだった阿部修也、実験映画 /ヴィデオアートのパイオニア飯村隆彦、中嶋興らによる、創成期の歴史的なヴィデオパフォーマンスを再演。ヴィデオアートにおけるライヴパフォーマンスの歴史を振り返り、その流れのもとに河合政之with浜崎亮太、西山修平など現代のヴィデオアーティストのパフォーマンスを紹介します。
-------------------
瀧は下記パフォーマンスに出演します!

N.J.パイクと阿部修也によって制作されたパイク・アベ・ヴィデオ・シンセサイザー(1972)の復元機2台と韓国舞踊の舞による、アナロ グ・ヴィデオによるパフォーマンスでN.J.パイクを偲ぶ。 

出演者:
阿部修也 Shuya Abe
アーティスト/ エンジニア。1963 年にヴィデオアート創始者とも言えるN.J.パイクと出会い、以降パイク作品の《ロボット K-456》(1964)や《パイク=アベ・ヴィデオ・シンセサイザー》(1972)など技術的な支援を行う。 


辛錦玉Shin Gumuoku
舞踊家。1975年~82年に金剛山歌劇団で朝鮮舞踊家として活動を行い、2002年より伝統舞踊を趙寿玉に師事。以降日韓伝統芸能による公演に出演多数。辛錦玉韓国舞踊研究会「花仁会」(ファインの会)を主宰し、舞踊教室と公演活動を行う。

瀧健太郎 Kentaro Taki
ヴィデオ・アーティスト。ヴィデオ・コラージュの手法でヴィデオ・インスタレーションやパフォーマンスを行うほか、監督作に国内ヴィデオアート先駆者の証 言を集めた「キカイデミルコト」(2013)。www.takiscope.jp


協力:李錦蓮, NTTインターコミュニケーション・センター(ICC)

 

0 件のコメント:

コメントを投稿