2022/11/27

大野城「まどかのメディアート」出品

 

まどかのメディアート展
会期:2022年12月17日(土) - 12月27日(木) 10:00 - 17:00 最終日は15:00まで
休館日:12月21日(水)
会場:大野城まどかぴあ多目的ホール
参加作家:anno lab (藤岡定)、遠藤 梨夏、工藤 達郎、坂本 豊、瀧 健太郎、長野 光宏 樋口 誠也、コーディネーター:黒岩俊哉
https://www.madokapia.or.jp/events/detail/483

2022/11/02

[UNDULATIONISM Ⅺ]展示とライヴ・パフォーマンス

2022/11/02[水] - 2022/11/20[日]
MORI YU GALLERY KYOTO
 展覧会情報 開廊時間 | 12:00-18:00
休廊日 | 月・火、祝日
作家 | 黒田アキ、河合政之、瀧健太郎、浜崎亮太、西山修平、 世良剛、ムラギしマナヴ、設楽恵里、片野まん、藤原康博、 黒川彰宣、中野裕介/パラモデル

<ヴィデオ・ライヴ・パフォーマンス>
11.19(土)19:00 open/ 19:30 start
11.20(日)10:30 open/ 11:00 start
*要予約(1500 yen with 1 drink)

Artists 河合政之 with 浜崎亮太 瀧健太郎、西山修平 飯村隆彦(追悼上映)
4組5人のヴィデオ・アーティストによる、映像&サウンドのライヴ・パフォーマンス。

2022/10/24

Interview by Civic Gallery Azamino
瀧健太郎展 アーティストインタビュー


アートフォーラムあざみ野で開催のショーケースギャラリー展示のインタビュー映像が公開されました。展示は12月11日まで、横浜市民ギャラリーあざみ野1Fロビーにて。

2022/09/04

日本記号学会大会 セッション2「人新世の風景」登壇

 

日本記号学会の大会に参加。
9月18日(日)13:30〜15:30
@追手門学院大学総持寺キャンパス

セッション2「人新世の風景」
登壇者:瀧 健太郎(アーティスト) 「風景を見る人」を「見る」
佐藤 守弘(同志社大学) 人類のビオトープ——風景とアントロポクラシー
大久保 美紀(パリ第8大学) 人新世を生きる芸術実践―「エコロジー」を語らねばならない時代に
チェア:増田 展大(九州大学)
https://www.jassweb.jp/42taikai

2022/08/22

ヴィデオ・ライヴ・パフォーマンスの夜 Video Live Perfromance @KOCA

ヴィデオ・ライヴ・パフォーマンスの夜
Video Live Perfromance @KOCA
日時/Date & Time:
2022年9月3日(土)19時開場、19:30開演 /Sep. 3rd, 2022 (Sat)

open: 19:00, start: 19:30 *雨天実施の予定ですが、台風等荒天の場合は前日までにKOCAのHP(https://koca.jp)にて開催判断を掲示します。
会場/venue: KOCA https://koca.jp
東京都大田区大森西6丁目17-17 6-17-17 Omorinishi, Ota-ku, Tokyo(詳細地図 map)

料金/fee: 1,000円(1ドリンク付)/1000 yen with 1 drink  (予約サイト/ reservation

出演アーティスト/Artists:
河合 政之 Masayuki Kawai
浜崎 亮太 Ryota Hamasaki
西山 修平 Shuhei Nishiyama
瀧 健太郎 Kentaro Taki

 カメラとモニターの無限回廊、暗闇に点滅する無数の機材、神経網のように絡まるケーブル。光の流れる回路の中に、迷い込んでいく。まなざしと電子が戯れ合い、パルスと偶然がせめぎ合う。電磁の波間にあらわれては消える、色や形、メロディやリズム。ラスターの叫びが時を切り裂き、見ることの謎を問いかける…… 3組4人のヴィデオ・アーティストによる、鉄道高架下のスペースを使った、オープンエアでの映像&サウンド・ライヴ・イベント。詳細はこちら。 

2022/08/15

ショーケースギャラリー、瀧健太郎展@横浜市民ギャラリーあざみ野 Taki's show @Civic Gallery Azamino, Yokohama

 

ショーケースギャラリー 瀧健太郎展
2022年 9月24日 [土]~12月11日 [日] 9:00 〜 21:00
(休館:9月26日(月)、10月24日(月)、11月28日(月))
観覧無料
会場:横浜市民ギャラリーあざみ野 エントランスロビー 
(東急田園都市線 渋谷より23分「あざみ野駅」下車、
横浜市営地下鉄 新横浜より17分「あざみ野駅」下車、徒歩5分)

主催:横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団)
協力:特定非営利活動法人黄金町エリアマネジメントセンター
https://artazamino.jp/event/showcase-20221211/

Show Case Gallery Show, Kentaro Taki 
24 Sep.(sat.) - 11 Dec.(sun) 2022
open 9:00-21:00
(Close on 26 Sep.[mon.], 24 Oct.[mon.], 28 Nov.[mon.] )
Entrance free, 

Venue: Yokohama Civic Gallery Azamino, entrance lobby
(5min. walk  from Azamino sta. Train access=23min. from Shibuya sta. / 17min. from ShinYokohama sta. )
Presented by Yokohama Civic Gallery Azamino, co-operated by Koganecho Area Management Center

2022/07/08

Knappe Beruehrung コンサート+エクスペリメンタル・フィルム上映


 ピアニストの中村麗、作曲家の渡辺裕紀子とコラボレーションした《Knappe Beruehrung》(2021)がドイツ、フライブルグにて上演されます。

depot. K eV. Kunstprojekt Freiburg
www.depot-k.com
16 sat. July 2022
19:00- 


2022/07/04

横浜、黄金町:Self Introduction展参加

 

Self Introduction −新しい黄金町のアーティストを紹介します−展

会期|2022年7月8日(金)〜7月31日(日)

時間|13:30〜19:00
会場|黄金町、高架下スタジオSite-Aギャラリー
休場日|7月11日(月)、19日(火)、25日(月)
主催|特定非営利活動法人黄金町エリアマネジメントセンター
※入場無料
詳細はWEBサイトをご覧ください。https://koganecho.net/event/exhibition_si_20220708

瀧は平面のコラージュ作品数点を出品しております。

2022/06/06

瀧健太郎 K.TAKI on Expanded Section at ART OSAKA 2022

ART OSAKA 2022
二会場あるうちのセクション「Expanded」にて瀧健太郎が個展形式のブース展示を行います。インスタレーション、平面作品、ヴィデオ・オブジェなど新作を含めた近年の作品複数をご覧いただけます。

【開催概要】
①セクション:Expanded (エクスパンディット)
※17名のアーティストによる14プランを展示

会場:クリエイティブセンター大阪 (名村造船所大阪工場跡地) 
会期:2022年7月6日(水)~ 11日(月)
時間:6日(水)・7日(木) 13:00―20:00
8日(金)~10日(日) 11:00―20:00
11日(月) 11:00―17:00 
詳しくは公式サイトをご覧ください。

2022/06/03

UNDULATIONISM by MORI YU GALLERY

 UNDULATIONISM by MORI YU GALLERY 2022年6月8日(水)-6月26日(日)
出展作家:黒田アキ、河合政之、藤原康博、小栁仁志、西山修平、世良剛、浜崎亮太、AKI LUMI 瀧健太郎

会場:CADAN有楽町
営業時間:火-金曜日 11:00-19:00 / 土曜日・日曜日 11:00-17:00 定休日:月曜日 企画:MORI YU GALLERY

ヴィデオアート上映:UNDULATIONISM by MORI YU GALLERY
Video Art Screening - UNDULATIONISM by MORI YU GALLERY
日時 Date and Time: 2022年6月24日(金) 開場19時、開演19時20分
June 24th, 2022, Open 19:00, Start 19:20
無料(予約不要)Admission free(No reservation required)
--------------------------------------
会場 Venue: CADAN有楽町 (東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビル1F) CADAN Yurakucho Yurakucho Bldg. 1F, 1-10-1 Yurakucho, Chiyoda-ku, Tokyo
企画 Presented by: MORI YU GALLERY
出品のヴィデオ・アーティストによる作品上映。 Video art works by artists presented by MORI YU GALLERY. 上映後、参加作家によるトークあり。 Artist talk will be following the screening. (作品によって明滅や性的、政治的な内容を含む場合があります。) (Some works may contain flashing lights, sexual or politically sensitive contents.)

上映作品/作家  Works/Artists
Ai/Love 飯村 隆彦 Takahiko Iimura 1962/2018, 10’, HD video from R.8mm/16mm(Blow up), B/W, mono
About a Theological Situation in the Society of Spectacle - self-censored version 《スペクタクルの社会における神学的状況について:自主検閲ヴァージョン》 河合 政之 Masayuki Kawai 2001/2014, 6'40", SD video, color, stereo
Kannawa 《鉄輪》 瀧 健太郎 Kentaro Taki 2009, 6', HD video, color, stereo }
Shot 西山 修平 Shuhei Nishiyama 2007, 10'47", SD video, color, stereo
Enlighten 浜崎 亮太 Ryota Hamasaki 2013, 5’, HD video, color, silent Time Tunnel 《タイムトンネル》 飯村 隆彦 Takahiko Iimura 1971/2018, 7’, HD video from Umatic, B/W, mono 
IN/OUT 河合 政之 Masayuki Kawai 2009, 8'11", HD video, color, stereo Hymne A Xochipilli/du Japon 《ショシピリ讃歌》 瀧 健太郎 Kentaro Taki 2013, 2'50'', HD video, color, stereo 
the figure in the future 《未来の形象》 西山 修平 Shuhei Nishiyama 2009, 4'30", SD video, color, stereo 
Void 浜崎 亮太 Ryota Hamasaki 2021, 9’, HD video, color, stereo

2022/02/25

"Moving Landscapes and Changing Forms" with artists from Yokohama+ Gwangju

”Kannawa”Kentaro TAKI, 2009, 6min. by courtesy of MORI YU GALLERY

Moving Landscapes and Changing Forms
date: 4 -13 March 2022. (close, 7 March)
open:12:30-18:00
at Site-A Gallery Beneath the Railways, Hachibankan (Koganecho, Yokohama)
Entrance free
Artist: Tamaki HOSOBUCHI, Kentaro TAKI, Sakura Alice, Eunkyeong Kim, Paul Bazooka, Yonghyun Lim
 
「移動する風景と動く形」
会期|3/4(金)~3/13(日) ※3/7(月)休場
時間|12:30 - 18:00
会場|高架下スタジオSite-Aギャラリー、八番館(横浜黄金町)
※入場無料
参加アーティスト|細淵太麻紀、瀧健太郎、さくらアリス、ウンギョン・キム、ポール・バズーカ、ヨンヒョン・イム
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Korean side:
at Spaceppong, Gwanju
14-36, Wolsan-ro 268beon-gil, Seo-gu, Gwangju, 61920, Rep. of KOREA


2022/01/10

Bach ohne Grenze



"Bach ohne Grenze(Bach without Border)," 2021. Collaboration with Rei Nakamura, a pianist.

2021/12/20

Text projection along the train


16-18 Dec. 2021, "Text projection/Msk2Msk?" documentation is here.
《テキスト・プロジェクションMsk2Msk?》の記録写真
#Msk2Msk, #CtrlplusVax, #DepreSS5dot0, 

2021/12/13

Text Projection along the Odakyu line

 


Text Projection along the Odakyu line
開催日時:2021年12月16日(木)-18日(土)18:00-19:30 ※荒天の場合は中止
機材協力:リコージャパン株式会社
主催・問い合わせ:瀧健太郎+和光大学表現学部芸術学科

16-18 Dec. 2021, 18:00-19:30 (canceled in case of stormy weather)
equipment supported by Richo Japan. co.ltd.
Presented by Kentaro Taki, Department of Art, Wako Univ. 



2021/10/29

E-UROBOROS -Live Session through a Global Closed Circuit-​

E-UROBOROS -Live Session through a Global Closed Circuit-​

13(sat.) Nov.2021,
Time Toronto 9:00am/ Warsaw 15:00, Cairo 16:00, Kuala Lumpur 22:00, Tokyo 23:00

Participating artists: Mohamed Allam(Egypt), Siew-Wai Kok(Malaysia), Filip Gabriel Pudło(Poland), Tasman Richardson(Canada), Kentaro Taki(Japan)

Time reference:
Time Zone Converter – Time Difference Calculator (timeanddate.com)

Time Zone Converter – Time Difference Calculator (timeanddate.com)

powered by VCTokyo,  courtesy of MORI YU Gallerly


E-UROBOROS オンライン・ヴィデオ・セッション ​
2021年11月13日 日本時間23時スタート(他都市での時差は上のリンクからご確認ください)
出演:モハメッド・アラム、フィリップ・ガブリエル・プドロ、シューワイ・コク、タスマン・リチャードソン、瀧健太郎

2021/08/30

Ensemble Megaphon plays “Living in the Box” (2012)

Ensemble Megaphon will play Yikiko Watanabe “Living in the Box”(2012) video by Kentaro TAKI in their concert. 

11 Sep.2021 15:00-
venue: Hannover Kulturzentrum Faust - Warenannahme Musik 21 Festival: "Moving Spaces" Ensemble Megaphon



ドイツ、ハノーファーにて渡辺裕紀子作曲「Living in the Box」(2012、ヴィデオ:瀧健太郎)の上演が行われます。地元で伝統的な楽器とエレクトロニクスなどを融合した演奏活動を行っているアンサンブル・メガフォンによる演奏です。詳細リンクはこちら