2013年11月4日月曜日

day2 - 睡魔と闘う日曜のプログラミング


マルセイユ二日目の今日は、レジデンスにてプログラム作業。もうかれこれこの"Bild:Muell"シリーズのプログラムも7年くらい使い続けてまして、だんだん磨きがかかってきましたネ。普段あまりプログラミングをしないので、前回のニュージーランドや台湾での展覧会の時に作ったNODE(上記のようなダイアグラム)をみると、ほほーこんなことをやっていたか、と自分自身にニヤリとすることが多々あります。今日も到達するべき作業が面倒だなーと思っていたら、過去のプログラムから使えそうな部分があって、ピッタリはまり時短できました。時差で時折すごく眠気が襲ってくるので、それとの闘いの方が大変。明日からオブジェの設営を何とか終わらせて、このプログラムでできた映像を乗っけるというわけ。 街を少し歩いてみましたが、アラブ系、アフリカ系の方が多く、見事に東洋人が居なくて注目度が高いっすね。アルジェリア人の営むケバブ屋さんで昼食。僕が日本人と知ると、「ブシドーっていけてるよね、日本のものは新しいものより伝統的なものの方がいい」だって。恐れ入りました。

0 件のコメント:

コメントを投稿