2015年9月8日火曜日

Dedicate to NJP, video synthesizer and dance performance@TTM

ライヴパフォーマンスとしてのヴィデオアート@庭園美術館、ヴィデオシンセサイザーとダンスのパフォーマンスの記録映像です。N.J.パイクを偲んで、彼の「グローバル・グルーヴ」(1974)などで見られた朝鮮半島の民族的な舞へのオマージュとして、2台のヴィデオシンセサイザー(1台は日本から、もう一台は韓国から持ち込まれた)を使って上演することができました。冒頭のブツッという音は、プリペアドしたレコード盤の音です。
Analogue video performance with 2 Replicas of Paik-Abe Video Synthesizer (1972) with 'prepared' vinyl record and Korean dance for dedication for Nam June Paik(1932-2006). It is also a tribute of one scene from Paik’ s Global Groove(1974) with traditional Korean dance manipulated by video synthesizer. This time, 2 video synthesizers;one is owned in Korean and the other one is in Japan, are got together and collaborated as showing us possibilities of cultural exchange on art of media technology.

0 件のコメント:

コメントを投稿