2010年2月28日日曜日

国立台湾美術館Digiarkでワークショップ

国立台湾美術館で28日まで開催されたアジアン・アート・ビエンナーレの関連企画として、瀧健太郎が地元の学生さんらを中心とした参加者を対象にワークショップをしました。
ワークショップのタイトルがいい。メディアアッサンブラージュが「媒體集合」!!かっこいい。
類記憶數位藝術工作坊系列Ι-媒體集合:運用即時影像處理軟體VVVV現地創作
講師:瀧健太郎 Kentaro TAKI (2009亞洲藝術雙年展參展藝術家)
日期:99/2/27(六)-28(日),共二天(每日:9:30~ 12:00/ 13:00~17:00)
學員:青年藝術家及大專院校學生,以25名為限,額滿為止
地點:數位藝術方舟
內容簡介:本次工作坊的目的是要打破媒體工具的使用慣例,不再僅是“工具使我們做一些事”,而是“我們讓工具做一些不同的事”,另外,我們也將運用媒體工具改變牆壁、角落和地板等空間原有之面貌。詳細內容請參閱。

2日間でしたが、初日に携帯電話やデジカメで簡単なインスタレーションをして、二日目には空間に映像を投影するような作品が4作品できて、自分としてもとても楽しめましたね。

0 件のコメント:

コメントを投稿