2021年6月14日月曜日

オンライン・クリエーター・トークのお知らせ

メイキング・オブ・”Knappe Berührung” 
-異分野コラボレーション の可能性- 
 2006年に瀧健太郎が発表したインスタレーション「リヴィング・イン・ザ・ボックス」に触発され、作曲家・渡辺裕紀子が楽曲として「リヴィング・イン・ザ・ボックス II for Piano」を作曲し、同曲が2013年にドイツのカールスルーエにあるメディアアートのための美術館ZKMのコンサートでピアニスト・中村麗によって演奏されました。  

 その演奏のレコーディング版として2021年に瀧が中村の演奏をヴィデオ作品として再制作を行い、映像作品として”Knappe Berührung”(2021)が完成しました。  

 今回は中村による”Movement to Sound, Sound to Movement RE-Cycle Project” での楽曲の映像化が企画され、ゲーテ・インスティテュートの「ヴァーチャル・パートナー・レジデンス」プログラムを通じて、ドイツ公共放送局SWRスタジオでの収録から、日独間での制作、5月29日にデンマーク・コペンハーゲンで開催さえたKlang Festival2021で発表された映像作品の一連の流れと、”Knappe Berührung”日本版プレミア配信と、コロナ禍での3者のコラボレーションの経緯とメイキングの裏側などを対談形式で発表します。

2021年6月29日(火)20:00 ー 参加費無料
Youtubeライヴにてストリーミング予定
(時間になりましたら、当サイトに画面が現れますので、クリックして視聴してください)

参加クリエーター
中村 麗  Rei NAKAMURA, piano
東京都生まれ。3歳でブラジルへ転居。5歳よりピアノを始め、19歳で渡独しフライブルグ州立音楽院入学。ジェイムス・エヴリー氏に師事。2002年大学院へ進学。またザールランド州立音楽院にて現代音楽を菅原ラッヘンマン幸子氏に、音楽学をアンドレアス・ヴァグナー氏に師事する。ヴィラロボス・ジュニア・ピアノコンクール第1位、 マグダ・タリャフェホ音楽院ピアノコンクール 第2位、ダルムシュタットクラニッヒシュタイナー奨学金賞など受賞歴多数。2007年より、ピアノ、エレクトロニクス、ビデオによるプロジェクトを始め、ヨーロッパ各地でコンサートを開催。作曲家らと共に新しい音楽への道を探り、プリペアードピアノによる即興活動やブラジルの作曲家を紹介する企画等も行う。2013年に日本現代音楽協会の企画で日本デビュー。 
www.reinakamura.de

渡辺裕紀子 Yukiko WATANABE, composer
1983年生まれ。桐朋学園大学にて作曲を原田敬子、間宮芳生各氏に学ぶ。野村国際文化財団、ロームミュージックファンデーションより奨学金を受け、グラーツ音楽大学にてベアート・フラー氏に学ぶ。2011年オーストリアにてÖ1 Talentebörse-Kompositionspreise 受賞。2013年文化庁新進芸術家海外研修員。現在DAAD 奨学生としてケルン音楽大学Konzertexamen 課程に在籍し、ヨハネス・シェルホルン氏に師事。2016年第26回芥川作曲賞受賞。 参考記事 第26回「芥川作曲賞」 渡辺裕紀子氏の作品 折られた… に決定

瀧健太郎 Kentaro TAKI, video 
1973年大阪生まれ。ヴィデオのコラージュや建築への映像投影を行うインスタレーション、パフォーマンスなどを手掛ける。賞歴に国際交流基金メディアコンペBIXグラーツ最優秀賞+ピーター・クック賞(2005年)、ボーフムビデオフェスティバル企画者賞受賞(2005年)など。主な参加展に「アジアン・アートビエンナーレ2009」(台湾国立美術館、台湾・台中)、「黄金町バザール2011」(横浜)、「Les Instant Video:50 ANS D'ARTS VIDEO」(2013年、Friche la Belle de Mai、フランス・マルセイユ)、「ヴィデオアート・プロムナード in 阿佐ヶ谷」(2015年、東京)、「C/Sensor-ed Scape」(2017年、トーキョーワンダーサイト本郷、東京)、「非常持続——環境的黙示録」(2017年、銀川現代美術館、中国・銀川)、「A Land of Happiness 野景」(2019年、台北国際芸術家村トレジャーヒル、台湾)など。 www.takiscope.jp

2021年5月25日火曜日

"Knappe Berührung" Premiere in Klang Festival, Copenhagen

"Knappe Berührung" Premiere in Klang Festival, Copenhagen

29 May 2021, 20:00- Koncertkirken
Blågårds Pl. 6A


"Knappe Berührung" (2021) by Kentaro Taki is a film based Living in the Box II from Yukiko Watanabe as a composer, performed by a pianist, Rei Nakamura. The project is part of the "Movement to Sound, Sound to Movement" - RE-Cycle. 

trailer movie

デンマークのコペンハーゲンで開催されるKlang Festivalにて新作「Kunappe Berührung」の初演となります。作曲家渡辺裕紀子の現代音楽曲「 Living in the Box II」をピアニスト中村麗が演奏した映像素材に、フィライブルクのラジオスタジオの協力とゲーテインスティテュートの支援を受け制作されました。the "Movement to Sound, Sound to Movement"出版にあわせて今回コペンハーゲンのコンサートホールで開催される中村さんのリサイタルでの上映となりました。

#ReiNakamura, #yukikowatanabe, #kentarotaki,#Maikodate,#Klangfestival,  #中村麗, #渡辺裕紀子, #瀧健太郎, #伊達麻衣子, #klangfestival

2021年3月9日火曜日

空間のもつれを写す―How to Document the Tangling Space?


パラモデル中野裕介さんの昨年の展示「para・textile 本を編む──繁茂する外延」をアーカイヴするWEBサイト並びにDVD,Blu-ray「空間のもつれを写す―How to Document the Tangling Space?」作りました。

https://paratextile.wixsite.com/index/

映像ドキュメンテーション・プロジェクト 空間のもつれを写す―How to Document the Tangling Space? ​

[映像ドキュメンテーション]
映像ドキュメンテーション・ゲストクリエーター|瀧健太郎
企画・ディレクション:三木順子 [京都工芸繊維大学]
記録映像撮影|中野裕介、大江直哉、瀧健太郎 幸小諒菜、前田梨那、山口依吹
ブルーレイ・DVDパッケージ版カバー写真|高野友実



Living in the Box - specimen, 2007 (HD revised documentation)



mini-HD tapes were salvaged! my installation piece collaborated with Maiko DATE and Naoya OOE, was taken by much clearer image!

2020年10月5日月曜日

"Natura Naturata", Musée Cernuschi, Paris/ パリ・セルニュスキ美術館での上映

Kentaro TAKI"Kannawa"(2009)
Musée Cernuschi, an Asian art museum in Paris, France, features Kentaro TAKI's "Kannawa"(2009, 6min.). "Kannnawa" is a video sketch of a hot spring town, Kannawa in Beppu, Kyushu, Japan. The steam of the hot spring source is coming out from every ground and animates the town to be active. However,  this town might be taken visitors by the other new branded resort spa. So Kannawa shows us it’s decaying quietly. 

"Cernuschi art vidéo #4 : Natura naturata"
20 – 25 octobre 2020
at Musée Cernuschi
---------
フランス、パリの市立アジア美術館セルニュスキ美術館にて瀧健太郎の〈鉄輪〉(2009年、ヴィデオ、6分)が公開されます。展示は自然と人間の複雑な関係をテーマにしたもので、〈鉄輪〉は作者が大分県別府にある温泉街の、街中の至る場所から蒸気が噴出し一見熱気ある温泉町が、密かに潰えていく様子を捉えたもの。

セルニュスキ・アートヴィデオ#4 ナチュラ・ナチュラタ
2020年10月20日~25日@セルニュスキ美術館、パリ、フランス

2020年9月11日金曜日

artTNZ, art fair in Tennozu, Tokyo 天王洲のアートフェア参加

 下記アートフェアに平面作品とヴィデオ作品を出品します。

アートフェア「artTNZ produced by AFT with APCA
会期:2020年9月17日(木)〜21日(月)
(17日は関係者プレビュー)
会場:TERRADA ART COMPLEXII
入場無料・予約制(チケットはこちらから


tableaux and video piece by Kentaro TAKI will be shown at artTNZ, Tennozu, Tokyo.
date: 17 -21 Sept. 2020 (17 Sept, preview )
venue:
TERRADA ART COMPLEXII
entrans free/ resavation only(ticket info is here)

2020年8月18日火曜日

IAFT 20≠21 ONLINE “Meet OFF-ON-LINE”


IAFT 20≠21 ONLINE “Meet OFF-ON-LINE”live performance
インターディシプリナリー・アート・フェスティバル・トウキョウ20≠21 “Meet OFF-ON-LINE” オンライン・ライヴパフォーマンス

http://i-a-f-t.net/iaft2021_online               

https://www.facebook.com/IAFTiaft/

IAFT主催のオンラインのパフォーマンスイベントに瀧健太郎参戦です。瀧は自宅からの出演で、出演時間は8/29(土)17:00です。会場でもステイホームでもご覧いただけます!

2020年8月28日・29日、17:00-20:00
出演 ▶日本 韓成南 西山修平 瀧健太郎 ▶シンガポール Urich LAU (INTER–MISSION) Ezzam RAHMAN TEOW Yue Han (INTER–MISSION) Bernice LEE Jennifer K. Y. LAM (ナショナル・ギャラリー・シンガポール キュレーター)

料金
▶会場参加有料: 1000円 ※予約優先(詳細はiaftオフィシャルサイトで)
▶ネット参加無料:IAFT公式 YouTubeチャンネルまたはその他、動画配信プラットフォームでライブ配信
※URLは後日IAFT公式Facebook、Twitterで告知いたします。お知らせをご希望の方は、IAFTコンタクトフォーム http://i-a-f-t.net/contact/ より【動画配信視聴希望】とご記入の上、送信ください。

--------------
Kentaro TAKI joins to IAFT20=/21, online performance event. Kentaro comes upon 17:00 29(sat.) Aug. 2020 at JP time.

28, 29 Aug.2020, 17:00-20:00
Artists:▶Japan: Sung Nam HAN, Shuhei NISHIYAMA, Kentaro TAKI
▶Singapore: Urich LAU (INTER–MISSION), Ezzam RAHMAN TEOW, Yue Han (INTER–MISSION), Bernice LEE, Jennifer K. Y. LAM (Curator of National Gallery Singapore)

Price
▶Japan Venue 1000 yen  <details are on IAFT site>
▶Free live streaming on the official IAFT Youtube Channel, or other platforms. *URLs are going to be posted on the IAFT Official Facebook page and Twitter. For those who would like a notification from us, please type in 【IAFT 20≠21 ONLINE】into the IAFT contact from http://i-a-f-t.net/contact/ and send it to us.

2020年7月17日金曜日

瀧 健太郎 「窃視症マシン」@MORI YU GALLERY


瀧 健太郎 窃視症マシン
2020年7月25日(土)- 8月23日(日) ※夏季休廊 8月13日(木)- 18日(火)
作家在廊日 7/25, 7/26, 8/1, 8/2

MORI YU GALLERY
〒606-8357京都市左京区聖護院蓮華蔵町4 - 19 tel  + 81 (0) 75 950 5230
 open 12:00 - 19:00 月曜、火曜、祝日 休廊
[google mapで]

オブジェや屋外への遊戯的な映像投影やヴィデオコラージュなど、メディアのオルタナティヴな視点を展開するアーティスト、瀧 健太郎の個展。人々の知覚を無意識のうちに書き換えるような情報インフラを「窃視症(=覗き見)の機械」として捉え、縮図としてみせる瀧の近年の映像オブジェとコラージュを展示致します。 

ご来廊のお客様へのお願いと新型コロナウイルス感染症対策について

Kentaro TAKI Scopophilia-Machines
25 July- 23 August 2020, (summer off 13-18 August)
MORI YU GALLERY
4-19 Rengezo-cho Shogoin Sakyo-ku Kyoto 606-8357 Japan
www.moriyu-gallery.com
 open 12:00 - 19:00  closed on Monday, Tuesday and National holidays  
[google map]  

2020年5月16日土曜日

"Cut and Paste"work at home. 在宅切張仕事。


1.《お堅い私》Solid Me 2019年、365mm×515㎜、木製パネル Wood board
2.《形式主義な人》Formalist 2019年、365mm×515㎜、木製パネル Wood board
3.《誰の為の善か?》Good for Whom? 2019年、365mm×515㎜、木製パネル Wood board
4.《監視員》Surveillance Agent 2019年、365mm×515㎜、木製パネル Wood board